新型コロナで東京オリンピックは中止?延期?予言?

新型コロナで東京オリンピックは?中止、延期、予言など

中国から始まった新型コロナが韓国、日本を超え、イタリア、中東、世界中へと広がっています。そして、とうとう、国際オリンピック委員会の1人が、東京オリンピックの中止に言及し始めました。

オリンピック中止については、元々、様々なうわさがあったのでまとめ、これから、どうしていけば良いかについて考えてみました。2020/02/27

 目次
 ■『漫画AKIRA』で予言されていた 
 ■オリンピックはロンドンで開催?
 ■過去の夏のオリンピック中止は?
 ■大物占い師が中止を予言!
 ■東京オリンピック延期の可能性は?
 ■中止の前に5つのしてほしいこと 
 ■一番大事なことは~正確な情報を!

■『漫画AKIRA』で予言されていた

1988年漫画家大友克洋さんによる漫画AKIRA。1982年からみた未来が描かれています。注目は、2020年に東京オリンピックが開催される設定が漫画AKIRAにあったんです。

『今から30年前に漫画AKIRAで2020年東京オリンピックを予言していた』とオリンピックが東京で開催が決まった時にはネットで話題になっていました。

しかも、漫画AKIRAでは、オリンピック開催だけでなく、オリンピック中止も続けて描かれていたので、改めて注目され始めてます。

→今回の新型コロナウイルスの影響で、もし、東京オリンピックが中止となれば、この『漫画AKIRA』がまたよみがえるはずです。

■オリンピックはロンドンで開催?

今年5月に実践されるロンドン市長選挙の主要候補2人が、もし東京オリンピックが中止された時は、ロンドンが替開催地としての意向を表しているとこのです。

→これは、5月に選挙を控えているため政治的パフォーマンスなので、あまり現実的ではないようです。又、現在、世界中に広がっている新型ウィルスなので、どこの国であっても開催することは難しいのではないかと思われます。

■過去の夏のオリンピック中止は?

オリンピックが中止になったのは、過去3回あります。全て戦争の影響で、今回のように疫病の拡大が理由ではありませんでした。

1916年ベルリン五輪→第一次世界大戦の影響
1940年東京五輪→日中戦争の影響
1944年ロンドン五輪→第二次世界大戦影響

→ある意味、今回新型ウイルスとの戦争かもしれませんね。

■大物占い師が中止を予言!

大物占い師が東京オリンピックが中止になると予言していました。東日本大震災も予言していたといわれる占い師の方が、東京でオリンピックが開催されると決まった時に『東京オリンピックはない』と予言していました。

→ただ、この予言は、『東京オリンピックが中止』と予言していただけなので、誰でもできる予言です。はずれていても特に話題にものぼらずスルーされるはずです。

これだけ、人間がいたら、1人くらいは、東京オリンピックが開催されると決まった時に『東京オリンピックが中止』と予言する人はいるはずですし、東日本大震災の件についても同じです。

■東京オリンピック延期の可能性は?秋に開催

日本の夏のシーズンに東京オリンピックを行えないのであれば、秋に時期をずらせばよいという意見もあります。

→残念ながら可能性がひくそうです。

というのも、五輪の収入の元はTV放映権料金、①TV放映権料金、②スポンサー収入、③入場料収入、④記念グッズから成り立っています。この中で収入の半分ほどしめるのが①TV放映権料金なんです。

アメリカのフットボールは9月第1週から、バスケットは10月の最終週から始まり、又、ヨーロッパのサッカーの主要リーグは8月中旬から始まります。収入の確保が出来ないので、秋に延期しての開催は難しいように思います。

ただ、丸1年くらいの延期の可能性はあるかもしれません。

■中止の前に5つの考えてほしいこと!

東京オリンピックの中止の可能性がでてくるくらい、今、新型コロナウイルスが日本国中に広がっています。イベントもコンサート等も中止になっています。でも、日常で一番怖いのは、誰が感染しているかわからないことです。

そこで、東京オリンピックの中止の前にして欲しいことをまとめました。


これ以上感染を拡大させない為考えて欲しいこと5つ

1、通勤、通学の満員電車での感染拡大を食い止める。

国と企業、学校と鉄道の連携が必要だと思います。時差出勤、午後出勤、など。

2、学校は、少し風邪でも休んで良いという方針を打ち出す。

欠席扱いにしない。学校と家庭との連携。ネットやスマホで授業をつなげる

3、廃校となった学校を活用

風邪の症状の可能性のある生徒はそちらで勉強する。

4、企業は、さらなるテレワークの推進

これが確立できれば、今後にも役に立つので企業は改革のチャンスです。

5、ウイルス検査の実施の拡大

ウイルス検査の実施を拡大すれば、するほど、感染者数は増えます。それでも、実施して、感染を広げないことが大切です。

又、感染したからといって、専用の場所に隔離するのではなく、症状が軽い場合であるならば、自宅療養という方針も同時に打ち出し、人に感染を広げないように、病院がパンクしないように、配慮する必要もあります。

■一番大切なこと~正確な情報を!

わからないということが、一番、私達の不安や不満につながります。正確な情報公開がとても大切なような気がします。正確な情報があれば、各個人にあった対策を取ることができます。

キユーピーの除菌スプレー K Blanche

新型コロナに感染しないように気を付ける、と同時に、自身も感染しているかもしれないと疑い、感染を広げないようにしましょう。皆で新型コロナと闘う!


新型コロナに関する他の記事~

新型コロナに感染したら怖いことは3つです!

新型コロナの感染・どれくらいで治る?

新型コロナ・インフル~冬の感染症の対策~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です