親の介護に向けて在宅ワークで力をつける

父が元気な内に自由を手に入れる

毎日実家に電話をする。父と話す。少し安心する。でも、近くにいないので、いくら体調が悪そうでも、実家は私の家から車で2時間と少しかかるので、すぐに行けるわけではないのですが、今年の6月にフルでの仕事を辞めて、自由の身になったので、少し安心。いつでも、動ける。

フルで働いていた頃は、時間を会社にしばられ、身動きがとれない状態であったのでなかなか大変でした。現在、私は、外に働きにいかずに、在宅でできる仕事を真剣に取り組んでいます。

高齢の両親を支えるには?

介護、高齢化
介護、高齢化

一家に1人自由に動ける人が必要だと実感しています。

2019年に入りすぐ、父が脳梗塞と診断され、緊急入院する。そこから、母も右手が腫れ、手術をすることになり。両親2人とも入院となる。そこから、我が家の新たな戦いが始まりました。私は、その頃フルで働いていたので、自由に動けなかったのですが、その時に活躍してくれたのが、我が家の無職の夫でした。実家にも必要な都度に通ってくれて、入院の手続きや保険の手続きまで、全て取り仕切ってくれました。

この時に無職の夫の価値が上がりました。(よく母からは、夫が働かないことを責められていたのですが)

介護の本番はこれから

そこから月日は流れ、現在、夫は1年ぶりに働き、私が無職の状態となりました。

今、少し父と母の暮らしも落ち着いてきました。以前のように父には自由な暮らしはないが、杖をついてやっと歩ける。もちろん、車にのることも出来なくなったのですが、何とか日常生活を送れるのなら、とても幸せなことと思っています。

ただ、これから、さらに歳をとると、今度は終わりのない介護の世界に突入していくはず。その時を支えるために、私はやはり自宅で働けるベースを作ろうと思う。

在宅ワークは働いてるうちに!

在宅ワーク
在宅ワーク

本当は、働いている時から取り組むべきだったと思います。在宅ワークで真剣に収益を目指し始めて、まだ実績は、月5万にもなっていないので、これで暮らすことは出来ないのです。

でも、これに取り組んだこの数ヶ月で、いろんな知識が身についたと実感しています。知識を得るのには、学校に行くより近道かもしれないと思います。

普通にここでブログを書いているだけでは、得られないSEO の知識も自然に学べたり、文章の構成なども知ることができ、貯金を切り崩す生活であるけれど、とても得した気分になります。

仕事している内に保険として在宅ワーク

仕事を辞めると収入がなくなり少し焦る。私は、その焦りを味方につけ必死で在宅ワークに取り組んでいるのですが、リスクを取らずにまず、働いている間に少し在宅ワークの世界をのぞいてみることから始めてみるのもいいかもしれません。すると、親の世話しなくてはならない必要が出てきた時に動きやすいですよ!

日本の国は今、副業OKをすすめる時代に突入です。1つの会社が、もう個人の面倒を一生見てくれる時代は終わりつつあり、それらを国さえも推奨しています。残業もなくなり、給料が減った時に笑っていられるように一つすすむことが大事な気がします。

いつでもどこでも在宅ワーク出来る幸せ

朝早く起きても、寝れない夜も、実家に行った時でも、パソコンさえあれば働ける自由が手に入るのでおススメします。一つの会社にしばられていたら、父を助けることは出来ない。在宅ワークのライティングの仕事であれば、朝早く起きた時、夜時間が余った時はもちろん、実家に帰った時でも仕事が出来るので、とても、有難いです。いつでもどこでも仕事ができるのが最高のぜいたくです。この仕事で定期的な仕事を得ることをとりあえず私は必至で目指します。

登録だけでもどうぞ!在宅ワークを紹介

〇無料で登録できるので、どんな仕事があるだけでも見てみるのはこれからにつながります。



〇プラチナライターになるにはテストが必要ですが、その分しっかりとしたライティングの仕事とつながります。自身のライティングの実力を試してみませんか?


2019年11月にプラチナライターのテストを受けました→不合格となりました。添削はして頂けるので有難かったです。又、時期をみて挑戦します。

〇皆が知ってるココナラですが、自身の特技を売れるので真剣に自身の何が売れるかを考えてみるとこれからの力になります。私は少し人の特技を買ってみることからはじめて勉強してみようと思っています



人質に取られた父

そして、我が家の問題は、父の面倒を主にみる母の機嫌の浮き沈みが激しいということ。高齢者だからしかたがないという問題ではなく、昔から母のヒステリックな性格に家族は全員振り回されてきているので、ある程度は慣れているのですが、困ったものです。

だから、父に電話をかけた時に「彼女の機嫌は大丈夫?」と様子をうかがう。もちろん、母にそれを指摘することはしません。静かに見守るだけです。そんなことをしたら、父が標的の的になってしまいますから。

母から逃げる為にも役立つ在宅ワーク

私は、実家に帰った時、なるべく母から逃げることに決めています。振り回されるのが嫌なのです。それにも、私のライティングの在宅ワークの仕事が役に立っています。ひたすら仕事に売り込めば、実家に帰っても母から逃げることができます。

いつも父の世話が大変だ、大変だと騒ぐ母に、今回の10月の3連休に、私は実家に帰り、父を私の家で、三連休だけでも預かろうか?と提案してみました。

実家の田舎から父を連れ出し成功

今年に脳梗塞になり、入院し、手術し、何とかすこし落ち着いた父を又、私の自宅に連れてくることが出来ました。父には、私の息子も娘もよく面倒をみてもらいました。娘は小学の時によく熱をだし、私は働いていたので、看病をする為によく田舎からでてきてくれたりしました。これからは、私の出番です。

多分、父が元気で生きていれるのは後3年くらいではないかと私は推測しています。この3年間を私は後悔のないものにしようと決めています。その為には、時間もお金も必要であるので、気合を入れ、はしり続けます!

ここで宣言をして、さらに自分を追い詰めてみました。めちゃくちゃ焦ってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です